メガソーラー事業

ソーラー事業の現状と今後
1. 数多い「中国業者」による商流
中国側:製造メーカー・日本向輸出商社
日本側:輸入商社・一次サプライ・二次サプライ・設置業者・顧客
現状コスト:数多くの中間マージンによるイニシャルコスト増
2. 発電価格
2017年時点1KW当たり21円
3. 今後の必要マター
工場直接調達によるイニシャルコスト削減=投資利回りUP
発電価格逓減対応できるイニシャル=投資利回り確保

 

「提供商品」について
成豊商事は中国太陽光発電メーカーと日本向パートナー契約を締結しました。
<提供先>
1. 設置業者様
①パネル・架台・フレーム含めたソーラーシステム提供
2. サプライヤー様
①パネル・架台・フレーム含めたソーラーシステム提供
②架台・フレーム等付属製品の提供
3. モジュールメーカー様
①架台・フレーム等付属製品の提供

 

「取扱商品」について
①太陽パネル JETPVm認証取得製品は、単結晶 47種、多結晶 49種

モジュール最大出力 モジュール変換効率
205w 13.94%
220W 14.96%
235w 15.98%
250w 15.37%
265W 16.29%
290W 14.94%
310w 15.97%

②太陽光パネル用アルミフレーム
③架台
陸上設置型、各種の屋根設置型 すべてに対応可能
基礎部分もコンクリート・タイプ、杭タイプ、など顧客のニーズに対応。
太陽自動追尾型は単軸式・2軸型の両方を製造し、固定型に比べ単軸式は18~20%程度、2軸型では25%程度発電量をアップ可能。

 

中国パートナーの「販売実績」について
①日本向け販売実績

企業名 製品 2011年 2012年 2013年
サンヨー フレーム 560MW 480MW 590MW
パネル
シャープ フレーム 960MW 850MW 980MW
パネル
マキサンコム フレーム
パネル 3.6MW
マキテック フレーム
パネル 8.0MW

②その他販売実績
その他日本向  20MW
欧州メーカー向 25MW
中国国内向   240MW(内、自社発電‥政府要求分65MW)
③販売網
中国、日本、オーストラリア、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカ、カナダ、ブラジル
④主要取引先
シャープ、サンヨー、三菱電機、LG、REC、TRINA、SOLAR、SCHOTT SOLAR、SCHUCO、SUN POWER、MEMC、Q-CELLS、FIRST SOLAR、BP SOLAR
品質管理基準・・・別紙「取得認証マーク」参照

 

「長期安心保証」について
①太陽光パネル

期間 保証内容
10年 製品保証
10年 出力効率⊇90%
25年 出力効率⊇80%

太陽電池モジュールの出力を25年間保証します。
出力保証範囲:JIS定格最大出力値を基準に1年目は97%以上、2~25年目まで毎年0.7%づつ減少・・設置10年目が90.7%、25年目が80.2%以下
②架台 メーカーによる製品保証・・・25年
※保証期間中の出力効率に不具合が生じた場合、設置業者による国内(現地)チェックにて不具合が認められたときは、中国でのチェックなしで不具合品の代替を行います。
※メーカー保障問題が生じたときの中国問合せに関しては成豊商事(株)がメーカーの日本デスクとして対応します。

 

「出力保証の保険付保」について
保険会社を通じ継続保証します
米国の格付機関がAランク指定の保険会社等が25年間継続保証します

成豊商事株式会社

日中両国間の友好と経済貿易の発展に務め、中国市場において商業ルートの確保や商品開発等、御社の海外部駐在員として貿易事業を円滑に進めることをお約束しサポートさせていただきます。

中国支社

ページ上部へ戻る